前回のブログ記事(生命(いのち)への信頼)では、生命(いのち)に対する全幅の信頼について書きました。生命(いのち)というエネルギーは、寝ても覚めても四六時中、潜在的に最善・ベストへと向かっているということです。

そんな生命(いのち)に対する確信が深まると、生きることに対する安心感・勇氣がフツフツと湧いてきます。

あの松下幸之助さんの自然観・宇宙観に、「万物は生成発展している。生成発展が自然の理法である」というものがあります。自然の理・宇宙の理に従えば物事は必ずうまくいく、とも言っています。生成発展とは、日に新たにということ、古きものが滅び、新しきものが生まれるということ。すべてのものは絶えず動き、絶えず変わりつつある。これは自然の理であり、宇宙の動向です。世の中の万物は、この生成発展の原理で動かされています。

これは「プラス思考になりましょう!」と勧めているわけではありません。人工的に作り上げたプラス思考の脆(もろ)さを知っています。日々ウツシを実践して、自然を観察し、子どもの成長を見守っていることで、生命(いのち)への信頼が揺るぎない確信になりました。そして、いつも胸の中に温かい安心感が存在します。

生命エネルギーは、あなたの人生をよりよく輝かせるために、四六時中潜在的に働いている、最善・ベストに向かっている。では、潜在的に働いているチカラを、より顕在化・見える形にするためにはどうしたらいいのか??

シンプルに言うと、エネルギーを満たすことです。

人が本来身にまとうべき天然素材の衣類を身に着け、本来食すべき天然自然の恵みを食し、本来飲むべき電子・ミネラルの豊富な水を飲み、還元電位の高いイヤシロチに住み、素足で直接大地に触れ、豊かな人間関係でエネルギーを交換し、大笑い(祓(ハラ)い)して過ごしていれば、常に天然自然のエネルギーがウツされています。そして、直観性能が機能し、本来持っている能力をより発揮しやすくなります。そんな質の高い今(イマ)という時(トキ)を重ねることで、肉体的・精神的・人間的な成長を促進し、人として成熟していくように人生は設計されているようです。

では、ウツシの役割は???

ウツシの役割は普通にしていれば数週間、数ヶ月とかかる天然自然のエネルギーの補給を、瞬時に完了してしまうことといえます。瞬時に生命(いのち)のエネルギーを満たし、心身魂が活性します。何もしなければ何年とかかっていたであろう人間的成長を、数ヶ月、数日、数分に短縮するための智恵と直観します

環境汚染に対して、EMなどの微生物の働きを活用することで、より短期間に環境浄化を達成する智恵(ちえ)と相似(そうじ)しています。

たとえ化学肥料や農薬、化学兵器や放射能で汚染された大地であっても、地球の生命(いのち)の営みに任せておけば、自然に豊穣(ほうじょう)の地になります。崩れた生態系や汚染された環境は、自然のチカラ・微生物のチカラによって、調和を取り戻し元の状態に戻っていきます。それには何十年、何百年と必要とするかもしれませんが、地球の生命(せいめい)は四六時中働いて必ず回復していきます。生命(せいめい)は間違いを犯すことなく、必ず最善・ベストに向かっています。

人間がこれ以上汚さずに放っておくことが可能ならば、自然環境は何十年、何百年とかけて調和を取り戻します。何十年、何百年とかかるプロセスを、微生物というエネルギーを活用して、数ヶ月・数年で完了してしまう智恵。ウツシと相似しているでしょう。

あなたの生命(いのち)も常に最善・ベストに向かっています。最善へと向かっている人生をより確かなものとするために、天然自然からのエネルギー補給が不可欠。自然から分離されつつある衣食住から、もう一度大自然との繋がりを取り戻し、豊かな人間関係、笑い(祓い)溢れる日常で、生命(いのちの)エネルギーを活性しましょう。

ウツシという技法は、天然自然との繋がりを取り戻し、より良く生きようとする生命(いのち)のチカラをフル充電する智恵であり芸術です。より良く生きるため、本来の能力を表現するため、エクスタシーで生きるためにご活用ください!