最近は、多くの少年アスリートがウツシを受けにみえます。特に野球選手、サッカー選手、ダンサーが多く、野球肘、肩の痛み、腰痛、ひざの痛みなど、そのスポーツ特有のケガの治癒や、身体能力の向上を目的にみえます。

私自身、小学校から高校までは野球、大学ではアメリカンフットボールにすべてをかけて情熱を捧げた元アスリートです。ケガに悩み、コンディションを勉強して、いかにベストパフォーマンスを発揮するかということを追求してきました。現在は長男がサッカー大好き少年で、週末は娘たちを連れて応援を楽しんでいます。

そんな私が感じることは、アスリートにとっても親御さんにとっても一番大切なことは、子どもたちが痛みに悩むことなく、元氣いっぱい、イキイキと意欲的に取り組んでいる姿です。勝利を目指しながら、夢中になって目を輝かせている姿が見たい。勝ち負けよりも、もっと大切にしたい姿です。

スポーツにおける主なケガの要因は以下の3つです。
①カラダの使い方の間違い
②使い過ぎ
③①と②の両方

これらの要因により、カラダの部分的な緊張、損傷、炎症がおきます。そして、練習をすればするほどカラダが硬くなり、休んでも治らない、ストレッチをしても治らない、良くなったと思っても再発するなど、悪循環に陥ってしまいます。そんなアスリートをたくさん診てきました。そういう子ほど、練習熱心でマジメな子が多いので、心を痛めます。

ウツシは、そんな悩めるアスリートの強力なサポートをすることが可能です。ウツシは、一瞬でカラダにエネルギーを満たすので、瞬時に硬直したカラダがユルみ、カラダの左右差やねじれの解消、各関節の可動域が広がり、身体バランスが整う、筋力が上がるなどの効果を即座に実感できます。その結果、痛みの緩和だけでなく、以前よりも球速がアップした、三振が取れるようになった、スイングスピードが上がって飛距離が伸びた、守備範囲が広がり球際に強くなった、サッカーでボールタッチが柔らかくなった、スタミナがついたなど、毎日のように喜びの声をいただいています。

また、カラダがゆるむと同時に、心や思考、表情もゆるみます。複雑なメンタルトレーニングをするよりも、ウツシを活用して心身を最適化、ベストパフォーマンスを発揮することにつながっているという社会人野球の選手もみえます。

そして、最大の強みはツイてくるということ。ビジネスでもスポーツでも、運氣は勢いのある人にやってきます。勢いのある人は、イキイキと輝いています。高校野球を観ていても、ラッキーボーイっていますよね。何かやってくれそうな雰囲氣、当たりそこなってもいいところに飛ぶ人、痛くないところにデッドボールが当たって出塁する人など。両チームとも必死で勝利を目指す中、ココという場面で勝敗を左右するのは運氣です。『運氣=勢い=エネルギー』。エネルギーを満たすことに特化したウツシは、運氣を上げるのに最適な方法といえます。

もう一つ付け加えると、運氣を上げる簡単な方法は、運のいい人と付き合うこと。運氣の高い人は、どこまでいっても運氣が高く、周りの運氣も上げるので、周りに運氣の高い人が集まってきます。運氣の低い者同士でグチを言い合って、傷の舐めあいをしていても運氣は一向に上がってきません。実は私、もの凄く運が良いです。。。この時代にこの日本で生まれ、ウツシを生業にしている、これ以上の幸運を“もっともっと”と探したら、せっかくの運氣が低下してしまいそうです^^;

現役として真剣にプレーできるのは、人生の中では限られた貴重な時間です。よく休息シ、よく食シ、よく練習シ、よくウツシ、持っている能力をフルに発揮してください! 本氣で能力を向上し、本氣で能力を発揮して、“限界のない限界”に挑戦するあなたを本氣でサポートいたします!


3月28日、東京都八王子における宮川理論の野球教室へ出張させていただき、選手やご父兄にウツシを施しました。宮川理論とは、野球界の常識にとらわれない新常識、バッティングのシンプルを究めてホームラン量産を可能にするものです。


プロサッカーの杉本恵太選手も受けにみえました。

元氣を満たしましょう!ハッピーを満たしましょう!