人の能力発揮ということに関して、
その言動が“自発的”かどうか
ということが、
大きな違いを生みます。

人は自らの意思
行動を起こすとき、
大きなチカラを発揮して、
大きく成長するからです。

逆に、
外圧で行動しなければいけないとき、
本来のチカラは発揮できず、
半端なく疲弊します笑い(>.<)

この当たり前のことを、
自分に対して、
家族に対して、
部下に対して、
やってしまっているケースは意外と多いものです。

「お皿を洗って喜ばせてあげよう!」
と思った瞬間、
「お皿洗っておいてくれない!」
なんて言われて、
お皿を洗う氣が一瞬で失せた・・・
なんていうような経験は
誰にでもあるのではないでしょうか。

その後のお皿洗いって、あまり楽しくできないものです。

子どもに対してもそう。
「宿題やりなさい!」
とカリカリしても、すぐにはやりません。
そんなことを言ってカリカリしている方が、
よっぽどエネルギーの無駄。

どうしたら自発的
宿題をやるかなぁと知恵を絞るのが、
年長者である親の腕の見せどころ!

自分に対してもそう。

真冬に薄着でいさせられたら
風邪を引くが、
自発的に薄着でいたら
カラダは強くなる。

食事を抜かれたら
ひもじい思いをして元氣はなくなるが、
食事を自発的に抜いたら
断食してかえって強くなる。

まず、自分から動くこと。
自分が変われば世界が変わる。

人生は楽しい。
困難を乗り越えて成長するゲームだ。
小説と同じ。
映画と同じ。
昔話と同じ。
ハッピーエンドに決まってる!

日々の成長にニヤつき、
ハッピーエンドに向かって
自分の足で歩こう。